宮下博行(P、Kb、B, 作編曲) Biography

Hiroyuki Miyashita
Hiroyuki Miyashita

1963年1月14日生、大阪市出身。
5才からピアノを始め、中学生の頃からバンド活動をする。大阪芸術大学では作曲を専攻、在学中にCAT Jazz Academyで並行してJazzを学ぶ。その頃、自己のPOPS&FUSIONバンド”RIO”を結成、1981年8月にロックデイブロック大会でベストキーボード賞を受賞。
1983年千里音楽祭において優秀賞受賞しTV出演。後にバンド”Muse”を経て、POPSからJazzまで色々なジャンルのグループでライブ活動を行う。また、CMソング制作やミュージカルの音楽担当、MIDIやMP3による”ジャズアレンジによるJ-POP”も手がける。
1999年は海外進出として韓国ソウルJazz Festivalに出場、注目をあびる。
2000年9月にはドラムのJimmy Smith氏やボーカル&フリューゲルホーンのTOKU氏との共演、ボーカリストの故 越智順子氏の数々の伴奏も行う。
自身の作曲したオリジナル曲を多数持ち、2001年9月にはトリオ”MNT”のオリジナルアルバム”星をさがして/Looking for The Stars”をLyra Recordsより全国発売。
2005年4月にはNHK神戸放送局での番組にソロピアニストとして生出演。以後伴奏者としてもTV出演。同5月、インコグニート&US3のSAX奏者Ed Jones氏とのライブ&ツアーに参加。
2006年自己のトリオ”Project2”のTV出演を機に、某報道番組に楽曲を提供。
2007年10月、ヴィブラホンの第一人者、赤松敏弘氏とデュオコンサート。その後、某楽器店主催シンポジウムにて二人でレクチャーコンサートや、コンクール審査員などを行う。
2012年10月、L.A.のボーカリスト Cathy Segal Garcia氏とのデュオライブ、ヨーロピアンテイストのドラマー、池長一美氏とトリオライブなど、精力的に活躍。
CD発売以降、オフィシャル盤や、自主制作盤を定期的に発表。
2016年には東京でのトリオでオフィシャルCDを初リリース。”ヨーロピアンサウンド”のテイストを持つと言われるサウンドを特徴に、関西を拠点に活動。また関東でも”Pit Inn””Somertime””Alfee”などでLive出演。現在も東京”Sunnyside ”などで、自己のいくつかのトリオでの定期的なライブ活動を行っている。
最近では以前のバンド活動のキャリアから、ベーシストとしてもライブを行い、マルチプレイヤーとして活躍。ピアノで伴奏者としても数多くのサポートライブ、CDプロデュースなどの活動で、歌手からの信望も厚い。
また、一方では30年にわたるポピュラー、ジャズの熱心な教育者として数多くの後進の育成に力を注いでいる。

 

<オフィシャルCD>

  • 01年9月:Hiroyuki Miyashita TRIO ~MNT/星をさがしてLooking for The Stars
  • 03年2月:Conversation~宮下博行(P)&能勢英史(G)Duo
  • 04年12月:Hiroyuki Miyashita TRIO~Project2/The Flow of Time
  • 05年10月:H.Miyashitaプロデュース 竹中信子(VO)with MNT / What are you doing the rest of your life?
  • 05年10月:Hiroyuki Miyashita TRIO ~MNT/ Feel The Wind(Maxi Single)
  • 06年3月:Hiroyuki Miyashita TRIO ~MNT/ Silent Texture(Lyra Records)
  • 09年9月:H.Miyashitaプロデュース 宇根崎緑(vo)& 宮下博行(P)Duo / Falling in Love with Love
  • 16年9月:H.Miyashita Tokyo TRIO  New CD「Horizon」発売
  • 自主制作ライブCDは、ほぼ毎年発表。

<My Favorite Pianist>

Fred Hersch, Keith Jarrett, Herbie Hancock、Bill Evans Lars Jannson

Marcin Wasilewsky、John Taylor etc….

宮下博行(P、B、Kb、作編曲)